幼稚園・小学校受験

大人になるまで持っておきたいおすすめの絵本7選

99ab578785e254f84da1f7a371ccd3e2_s

絵本は子どもにとって外の世界を知ったり、想像力を高めたりするために重要なものです。絵本というと子どものものと思いがちですが、絵本は0歳から大人まで皆が楽しめるものです。子どもの頃大好きだった絵本は、大人になっても心に残っています。一過性の楽しみで終わってしまう絵本ではなく、いつまでも心に残るような絵本を紹介します。

続きを読む

3歳からの英才教育!知育のための通信教材9社比較

96693fe4bf3e846179ae6ef1bc5488fc_s

幼稚園入園前後には、本格的な知育に乗り出そうという親御さんもおられるかと思います。3歳頃のお子さんはかなり意思疎通ができてきて、周囲からの刺激に敏感に反応する時期です。そんなお子さんたちに向けて様々な通信教育が用意されています。その中でも毎月教材が送られてくる9社を比較してみました(50音順)。

続きを読む

幼い子ども連れのパパ・ママにおススメの芸術鑑賞スポット5選in東京

a0780_000410

幼い子供を連れて出かけるのは、とてもパワーが必要なことです。ましてや、それが大人のための外出となると大変気合いがいるのではないでしょうか。たまには家族と一緒に自分自身も満足できる休日を過ごしてみたいと思いませんか?例えば子連れでは敷居の高いイメージのある芸術鑑賞。そこで、ここでは関東圏でパパ・ママ・親子で楽しめる芸術鑑賞スポットをご紹介していきます。

続きを読む

国際バカロレア(IB)プログラムとは!?11の質問と答え

35622785_220x146

国際的な大学入学資格を得られる『国際バカロレア(IB)』プログラム。近年、大学入試で『国際バカロレア入試』が取り入れられたり都立、県立高校で『国際バカロレア認定校』が徐々に増えてきて日本でもグローバル教育は加速してきています。

その『国際バカロレア (IB)』の特徴をQ&Aにまとめてみました。

続きを読む

英語が小学校の必修科目に!考えられる4つの課題

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s

2008年にスタートした公立小学校の英語授業は、2011年には必修となりました(5、6年生)。
2020年度には小学校3年生から外国語活動を始めて、5年生からは英語を算数、国語と同じ位置づけにするそうです。そうなると、当然それ以後の中学受験には今までの算・国・理・社に英語が加わるという事は自明の理ですね。ではこの小学校の英語必修化とは何なのかをまとめてみました。

続きを読む

好きなことから子供の創造力を引き出す3つのステップ

sky013s_2

子供には様々な可能性があります。学者、料理人、美容師、看護士、スポーツ選手。しかしその可能性を「どうすれば目覚めさせることができるのか」は非常に難しいことだと思われてきました。ここではすべての能力開花の初めとなる創造力を引き出す方法を段階に分けて述べていきたいと想います。

子供が好きなことをしながら創造力を鍛えられていく方法を段階と具体例を挙げながら説明していきます。

続きを読む

英語教育で注目の!インターナショナルスクール10選!in 関東

NKJ52_shibahudekuturogubasu_TP_V

インターナショナルスクールで英語教育!5つのメリットとは?」ではインターナショナルスクールで、英語の早期教育を行なうメリットについて説明しました。

日本における最先端の英語教育はインターナショナルスクールで行われています。未修得の言語を身につける学習方法の一つとして、その言語を使う環境において他教科を学ぶイマージョン・プログラム、イマージョン教育が注目されています。また、インターナショナルスクールには国際バカロレア資格(International Baccalaureate『IB』)、IBOの認定を受けた学校も多く、大学などへの進学にもとても有利です。

続きを読む

日本死ね!より効果的な6つの具体的行動、保育園問題のために1人でもできること

LISA141018307529_TP_V

日本死ね?もう死んでます!保育園入園選考の12の不公平」には多くの反響がありましたが、今回は具体的な行動の方法について解説します。
「保育園落ちた!日本死ね!」が保育園の問題に一定のムーブメントを起こしたことは事実ですが、これだけでは保育園の待機児童問題の深刻さはまったく改善しません。行政や政治の側からすると、この問題は「この年度末の時期に」、「対象年齢の年にだけ」発生する一過性の問題としてしか捉えられていないのです。きちんと政治や行政の中に公的に問題提起して、継続して問題解決を図るように仕向けていく必要があると思います。

続きを読む

入学祝いならこれ!男女別もらってうれしいプレゼント10選

YUKI86_gakkoudash15120132_TP_V

もうすぐ入学シーズンですね。

この春、入学を控えている子供のお父さんやお母さんを始め、まわりに、入学祝いをあげるお子様はいませんか?

中・高生となると、実際図書カードや現金などを贈れば、まず間違いはないです。

しかし、小学校の入学祝いを贈るとなると、女の子と男の子では趣味も違ってきますし、一体何を贈れば喜んでもらえるんだろうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、小学校の入学祝いに、貰って嬉しい贈り物10選を女の子と男の子別でご紹介したいと思います。

続きを読む

日本死ね?もう死んでます!保育園入園選考の12の不公平

081be70e68d89829f7d07be2fcfe4485_m

「保活」とか「日本死ね」とか。保育園入園選考で悲喜こもごもの声が聞かれます。
しかし、「保活」という言葉が存在していること自体に違和感を感じます。

保育園に子どもを入れるためのテクニック論が横行している背景には、問題の本質に目を向けず、ただただ現状の条件に適応ればよいという悪い行動パターンがあるように思います。保育園になぜ入れないのかという問題は解決せずに、自分の子どもだけは保育園に入れるとか、これをビジネスチャンスにというよくない風潮の現れです。

「保活」という言葉がある以上は、常に誰かが保育園に落ちて「日本死ね!」と泣いているのです。

続きを読む

0歳~6歳の知育のえほん、贈り物にも喜ばれる10のチョイス

30cc856454da172df973a1172aa77a7d_m

好評をいただいた出産祝いの記事でも紹介しましたが、知育の絵本、本は贈り物としても、自信のご家庭用にも重宝します。知育は子どもに与える「学習」ということではなく、自分で考えることや発想を身につけます。「知識を育てる」素地を作ります。

読み書きや計算の前に、“ものごとを考える能力”を高めることが知育の目的です。柔軟な思考力、論理的思考力、表現力、創造力を育むことを知育と呼びます。

続きを読む

就学前の幼児期に能力を伸ばそう!人気の幼児教室10選

勉強

来年、再来年は幼稚園だからそろそろ幼児教室を考えなくちゃと思っているお母さん方も多いと思います!
自分で教えれたらいいんですけどなかなか難しいですし、お母さんもいろいろと忙しいものです・・・・・。
「どんなところがいいんだろう・・・」
「うちの子に合っているんだろうか?」などと悩ましいですよね。
実際に体験して決めたらいいんですけど、全部を体験するなんてなかなかできません。
なので、今回は、子供たちが楽しく学べる人気の幼児教室をご紹介していきたいと思います。

続きを読む

すべての父と母に捧ぐ!子供が勉強できない3つのパターンと対処法

勉強1

「うちの子勉強ができなくて困ってるのよ・・・。」
という声をよく聞くことがあります。
実際のところ、勉強ができないというより、何かがわからない状態にあってそこで立ち止まっていると言った方が正しいのではないのかと私は思います。
そこで今回は、子供が勉強ができない3つのパターンとその対処法について書いていきたいなと思っています。

勉強ができない?3つのパターンとは?

続きを読む

プログラミング的思考を子供のうちに整えるべき5つの理由

img_1

近頃の入試問題には子供の「論理的思考」ができなければ解けないという問題が増えてきました。最近発表された大学入学希望者学力評価テストでも文章を論理的に理解し、記述させるという問題になっています。ただ必要なことはわかっているけどどうやって教えて伸ばしてやればいいかわからないというのがこの分野。

そこで今回、プログラミング的思考を子供のうちに整えるべき5つの理由と方法を述べていきたいと思います。

続きを読む

子どもが小学校に入って悩む10のこと

_shared_img_thumb_N845_nanohanatokoinobori_TP_V

早いもので1月もあと1週間となりました。
2月は逃げる、3月は去るということであっという間に4月になってしまいます。

4月と言えば新入学の季節です。
今年小学校に入学されるお子様がおられる方も多いと思います。

続きを読む

2020年大学入試改革!アクティブ・ラーニングを理解するための10冊

-shared-img-thumb-TSJ93_kokuhakujk20150208100556_TP_V (1)

小学生や中学生の子どもを持つ親ならば、一度は耳にしたことのある「2020年からの大学入試改革」。
どんなことが変わるのか、何を準備しなければならないのか、不安に感じている保護者や教員のみなさんも多いと思います。
この「センター試験改革」とか「高大接続システム改革」とも呼ばれる、この「大学入試改革」に実は重要な「アクティブ・ラーニング」について理解するための書籍を紹介します。

文部科学省の中央教育審議会が2014年12月に「高校教育-大学教育-大学入学者選抜の一体的改革」という答申を下村博文文科大臣に提出しました。また、この答申に基づいて設置された「高大接続システム改革会議」で2015年12月に、文部科学省から「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」に関するイメージ例も有識者会議に提示されています。

続きを読む

広告