読書感想文例「ガラスのうさぎ」を読んで(中学生)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

375839cd5e91ead7c78eee7271ac12b0_s

小学生、中学生、高校生向けの読書感想文の文例を紹介します。


参考記事:読書感想文がなぜ書けないのか最近になって分かった話―小論塾

ガラスのうさぎ」を読んで

中学生向け

 一九四五年三月に起きた東京大空襲において、家族を失った一人の少女が、二人の兄が帰ってくるまで懸命に息抜き、帰ってきてからも精一杯生きていこうとする実話です。小学生の時に母が借りてきてくれて、私が初めて本を読んで涙を流した作品でもあります。
この本を読んだとき、昔のことをよく知らなかった自分は、この戦争の悲惨さや残酷さが最初は頭に入ってこなかった。しかし読み進めていくうちに、家族を失った少女が、兄が帰ってくるのを信じて一人でも懸命に生き抜こうとする姿が描かれているところで、もし自分がこのような状況になったら一体どうしていたのであろうか。この少女のように、一人ぼっちになってしまったときに果たしてここまで強い意志をもって生きていくことができるのだろうかと思い、改めて戦争の悲惨さ、残酷さが身にしみわたってきた。今の世の中は非常に平和である。戦争はもうしないと法律で定められているし、子供たちは学校へ行ってたくさん勉強ができ、遊びたいときに遊ぶことができる。しかしこの本の中の時代はそういった現代では当たり前となっていることが当たり前ではなかったのだとこの本を読んで思い知らされた。いったいこの本の主人公の少女はどういった思いを秘めながら毎日を生きていたのであろうか。たったひとりで、家族を失った悲しみとともに生きてく少女に心を打たれるばかりであった。
この本を読んで、心を強く持つことの大切さを知ることができました。自分に限らず現代の人間は、弱い立場になるとすぐに逃げ、面倒ごとは避けながら生きてきた人が多いと思います。自分自身もそんな人間です。戦争は人々の家族を奪い、思い出を奪い、未来を奪います。そして、家族を失った悲しみとともに生きていかなければなりません。それでも少女は生き抜くことができました。それは強い心があったからだと思います。生かされたのだから生きなければという強い意志があったあらこそ生き抜くことができたのです。私はこの本を読んで、平和について自分に何ができるのかを考えました。 一躍有名になれるほどの事は起こせないけれど、家族を、友達を、自分にとって大切だと思う人々を大事にしようと考えました。また、ささいなもめ事を起こしてもどうしたら解決するのかを考えるようにしようと思いました。戦争は人のわがままによって起こるものです。お互いを尊重しあい、お互いに納得するような解決策を考えることができれば戦争なんて悲惨なものはなくなるのではないのでしょうか。自分は今、生かされている身です。戦争があった時代に、兵隊のみなさんが命を犠牲にしてまで守り抜いてきたからこそ今の日本があり、今の私たちがあります。そんな私たちだからこそ、犠牲になった人々の思いを背負いながら、犠牲になった人々が持っていたであろう強い心を持ちながら生きていかなければならないのだと思いました。あくまで自分は現代の人間です。だからこの本の時代の時のような出来事を考えるのは難しい部分があるけれど、この時代の人々が何を思って生きていたのか、何を感じながら生きていたのかということはいつの時代の人であっても考えることができると思います。今の日本は平和だけど、明日死んでしまうかもしれないし、いつ何が起きるかわからないのが人生です。そんな中、そういった事が万が一あったとしても強い心を持ち続けて生きていけるような人に私はなりたいと思いました。今できていて当たり前のことに感謝をし、おいしい食事が食べられることやきれいな部屋で寝泊まりできること、大切な家族や友達によって自分が生かされていることを自覚して、これからも生きていきたいと思いました。現代の人々は一人ぼっちだとおもっている人であっても、目に見えない部分で様々なまわりの人々によって生かされています。誰かを思い、誰かに感謝することは生きていくための強い心になります。自分もそういった人間になりたいと思いました。

(1,618文字)

医学部 受験特集

小論文・面接対策

医学部へ行くには?

大学入試センター試験

英語学習アプリ

大学入試改革

広告