勉強のこと・受験生向け

労働安全衛生法講習、経験なしで取れる国家資格全18種前編

PASONA_3_TP_V

入試や就職に向けて資格を取りたいという人は多くいます。どうせ取るのであれば、民間資格よりも信用だが高い国家資格がおすすめです。実は国家資格の中には、講習を受けて簡単な試験に合格すれば取れるものもあります。講習で取れる国家資格は合格率が97パーセントと言われていて、ほぼ確実に取れる安心感もあります。短いものだと2日間で国家資格保持者になれます。講習で簡単に取れる国家資格の多くが定められているのが、労働安全衛生法です。この国家資格の中にはもちろん実務経験が必要なものも含まれていますが、初心者でも余裕で取れるものもあります。資格欄を埋めて、ライバルと差をつけられるように、全くかかわりのない初心者でも取れる労働安全衛生法による国家資格、今回は工業系を中心に全18種類を2回に分けて紹介していきます。

続きを読む

高校の勉強って意味あるの?と聞かれたら7つのアドバイス

koukoubennkyou

「高校の勉強に意味はあるのか、あるとしたら具体的にはどんなことなのか」という疑問は高校生やこれから高校を受験する中学生の皆さんが一度は抱くことかもしれません。

周囲の大人に聞いても「いい大学に入るため」「いい企業に就職するため」とかそういう答えばかりで疑問が深まるばかり、むしろ反感さえ生みかねない場合もあります。
それらの答えも間違いではありませんが、もっと身近に感じられる答えの一つとして、皆さんにアドバイスができればと思います。これは学生さんだけでなく、親御さんにもぜひ読んで頂きたい内容です。

続きを読む

正しい鉛筆の持ち方で学習意欲が高まる!6つのポイント

GREEN_enpitu_TP_V1

毎日の学習に欠かせない鉛筆、正しく持てていますか?鉛筆の持ち方が自己流でおかしい、という子どもは意外と多いものです。子どもにぴったりあった鉛筆を選び、正しく持つことで、子どもの学習意欲を高めることができます。この春からの新一年生は必見です。

続きを読む

勉強のやる気を上手に引き出す5つの褒め方

yuka862_megahon15203358_tp_v1

子どもは、褒められて認められると自信がつき、大きく成長します。勉強に関しても上手に褒めることで、やる気を引き出すことができます。新学期直前におさえておきたい、子どもの勉強へのやる気を大きく引き出す褒め方を紹介します。

続きを読む

やっぱり最適!小学1年生にポピーをおススメする10の理由

popy1nensei

小学生向けの通信教育はたくさんありますが、その中でも昭和48年から40年余り続くポピーは存在感のある通信教育です。2歳児から中学生まで幅広くカバーしていること、学校でよく使われるテスト・ドリルなどの発行元でもある新学社が編集・出版を行っていることなど、実際に受講していくことでそのメリットを体感できると思います。
ここでは小学1年生という入学したてのお子さんに対してお勧めできる理由を挙げていきます。

続きを読む

電子辞書ってどれが良いの?大学受験を控える高校生にすすめる3機種

150415002238_tp_v1

電子辞書も大学受験対応を探すのであれば、収録されているコンテンツ(辞書の種類)が重要となります。コンテンツの質が低いと、大学受験に向けての学習には物足りなくなってしまいます。電子辞書の買い替えなどの手間を省くためにも、内容をしっかり比較しておきましょう。

続きを読む

新生活でぼっちにならないためにすべき7つのこと

常体と敬体の使い分け方

春は進学や就職で新しい生活が始まる時期です。新しい環境の中で友達ができなかったらどうしようかと誰もが不安になるものです。友達ができなければ、新生活は苦しいものになってしまいます。今回は大学や会社での新しい生活の中で「ぼっち」にならないためにすべきことを紹介します。

続きを読む

卒業生から学校へ送る卒業記念品、おすすめ・定番7選

yagi21511153615111536_tp_v1

卒業に向けて卒業生から学校へ送る卒業記念品を考えなくてはいけません。そうは言っても、卒業記念品を選びなさいと言われても何を選べばいいのかわからないというのが現状ではないでしょうか。自分の卒業する学校には何が必要なのか、また生徒は何を求めているのかを考えて、喜んでもらえる記念品を贈りたいものです。卒業生から学校に送る卒業記念品の、おすすめな代物を見ていきましょう。

続きを読む

ダイバーシティの進展する欧米と日本の現状を知る4つの観点

daigakusei

現在の日本社会は多様化が進行しています。ですが、欧米先進国と比較してみると人権の保障の面で遅れを取っているのが現状でしょう。大学入試の小論文では「ダイバーシティ」という単語はキーワードの一つになると考えられます。特に人文社会学系統の学部や国際系統の学部であれば出題される可能性が高いです。今回はダイバーシティについて欧米と比較した日本の現状から考えてみましょう。

続きを読む

広告