中学受験

小学校の授業が簡単すぎて面白くない?子に10のアドバイス

小学生

小学生のお子さんのご両親にとって、最大の関心事は学校生活でしょうか、それとも日常のしつけでしょうか。どのようなご家庭でも学校のカリキュラムについていけるかは重大な関心事だと思われます。でももしお子さんが「学校の授業は簡単すぎてつまらない、面白くない」と言い出したら?
お子さんがそう言いだした時のために、できること、考えておくべきことなどをまとめました。

続きを読む

最も大事な2学期こそ!勉強のモチベーションを上げる6つのポイント

yuka862_megahon15203358_tp_v1

長い夏休みが終わり2学期が始まっていますが、勉強のやる気はいかがでしょうか?2学期は1番長い学期ということもあり、「中だるみ」をしやすい時期だと言われています。でも、1番大事な2学期だからこそ、モチベーション上げていきたいですよね。おさえておきたいポイントをみてみましょう。

続きを読む

やっぱり最適!小学1年生にポピーをおススメする10の理由

popy1nensei

小学生向けの通信教育はたくさんありますが、その中でも昭和48年から40年余り続くポピーは存在感のある通信教育です。2歳児から中学生まで幅広くカバーしていること、学校でよく使われるテスト・ドリルなどの発行元でもある新学社が編集・出版を行っていることなど、実際に受講していくことでそのメリットを体感できると思います。
ここでは小学1年生という入学したてのお子さんに対してお勧めできる理由を挙げていきます。

続きを読む

今人気の公立中高一貫校とは?3つのタイプと3つのメリット

pp_gekoucyuunojc_tp_v1

1999年に新しい教育の仕組みとしてスタートして以来、年々人気が高まっている公立中高一貫校。学校自体も全国で450校を超えるまでに増加してきています。公立中高一貫校の3つのタイプとその魅力について見てみましょう。入学試験での適性検査の対策も必要ですが、まずはどのようなものか見てみましょう。

続きを読む

センター試験時事問題2017・政治経済・現代社会の狙い目

150415122579_tp_v1

2017年大学入試センター試験のために2015年のニュースから現代社会、政治経済の時事問題の狙い目を分析します。
大学入試センター試験の試験問題は、前回の試験が終わった直後から作りはじめて秋ごろには完成しているといわれます。
そのため、時事問題が出される地歴公民の科目では、直前の年の時事や、試験までに事実が変化しそうな性質の問題は出されにくいといわれています。

続きを読む

知って納得!Z会小学生コースが人気の5つの理由

2

70年という歴史を持ち、東大をはじめとする有名大学への合格者数で圧倒的な実績を誇る、Z会の小学生向け通信教育は、質の良い問題でやりがいがある、と人気もあります。実際はどうなのでしょうか。中学受験もこれで大丈夫?受講料が高いって本当?気になるポイントをまとめてみました。

続きを読む

日能研に資料請求する前に最低限知っておきたい私立中学受験事情

0bc436acd2a0d4645ab19ec8e0461c97_s

日能研に資料請求したいが、どのようなことを検討するべきか?
子どもが小学校高学年に近づくと、中学受験も考えなければならない時代になっています。日能研、SAPIX、四谷大塚と私立中学受験向けの学習塾は多くありますが、どのような観点で選んだらよいのか。最低限知っておきたい私立中学受験事情をまとめました。

続きを読む

子どもに英語を習わせる前にすべき7つのこと

YUUKI150321140I9A4377_TP_V1

英語を習わせるのは費用もかかるし、学校選びにも労力がいります。小学生になると習い事も増え、なかなか時間ありませんよね。。。まだ英語を習わせるか決めていなくても、今からやっておくといいことを紹介しますね。

続きを読む

小学校受験する?しない?私立・国立・公立を選んだ9つの理由

8

今や子供にとっての受験は避けては通れないものになっています。小学校受験もその一つです。みんな地元の公立小学校に進むのだと思っていたら、受験をして国立や私立の小学校へ進むらしい、と言う話を耳にしたこともあるのではないでしょうか。そもそもどうしてみんな受験したの?受験せずに公立を選んだのはどうして?気になる理由を見てみましょう。

続きを読む

私立中学受験をさせるなら親子で覚えておきたい10の掟

5cb85b7d3ad79fe46f6e23ba945f80aa_m

2020年に大学入試要項が変わるということは周知されていますが、実は様々な段階の世代の学習指導要領がこっそりと変更されています。
特に、2020年の大学入試要項の英語については、「読む」「書く」「聞く」にプラスして「話す」という要素が加わり、外部の英語検定のスコアを使うという話も具体的に出始めています。その動きを知ったご家庭や、将来はいい大学に行かせたいとお考えのご家族、それと地元中学が荒れていて、まともな教育を受けられないし、その子の元々の頭がよくできる子であれば、「中学受験」を考えるということになります。
私立中学であれば、2020年の大学入試に対する対応がもう既に始まっているからです。
では、中学受験をするにあたって、親子で覚えておきたい10の掟を紹介していきます。

続きを読む

広告