子どもに英語を習わせる前にすべき7つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

YUUKI150321140I9A4377_TP_V1

英語を習わせるのは費用もかかるし、学校選びにも労力がいります。小学生になると習い事も増え、なかなか時間ありませんよね。。。まだ英語を習わせるか決めていなくても、今からやっておくといいことを紹介しますね。

1. 英語の歌を聞かせる

まずは英語の音に慣れるのが一番です。ディズニーが好きならディズニーの曲を流すのもいいでしょう。


2. 英語の絵本を聞かせる

英語の歌を少しでも口ずさむようになったら、英語の絵本を聞かせるのもいいでしょう。最初から絵本の朗読を聞いても問題ありません。Read Along-Storybook and CDは、たいてい10分程度で絵本もついています。Amazonでかなりお得な値段で買えますよ。ディズニーの映画はほとんどあるので、お子様のお気に入りをさがしてあげてください。

Finding Dory (Read-Along Storybook and CD) (A Disney Storybook and CD)

3.英語番組を見せてみる

NHKの「英語であそぼ」はご存知の方が多いですよね。こちらも10分程度なので可能な限り毎日見せてみましょう。
http://www.nhk.or.jp/kids/program/eigo.html

4.英語のDVDを見せる

乳幼児のお子様ならいきなり英語のDVDを見せても違和感ないかもしれません。幼稚園以上のお子様なら、日本語で見たことのあるDVDを選ぶとすんなり話に入っていけると思います。

5.ハロウインに参加してみる

最近は、児童館やショッピングセンターでハロウィンパレードを企画しているので、積極的に参加してみてはどうでしょう。いい思い出になりますし、様々な国の子供達が参加することもあるので、異文化に触れるいい機会になります。イースターやクリスマスもいいですね。

6.外国人のお子様と遊ばせてみる

英語を母国語としているお子様でなくても構いません。遊んでみて日本語だけでは通じないことを実感してもらえるだけでいいのです。近所にいなくても、外国の方が多い地域の公園には日本人以外の子供がたくさん遊んでいます。子供は自然と遊ぶのでいい経験になりますよ。

7.海外に行く

英語を習わせようとしたら「英語を習わなくてはならない理由がわからない」と言ったお子様がいたそうです。日本にいると英語ができなくても毎日の生活は困りませんね。英語の必要性がわからないまま習ってもモチベーションは低いままです。海外旅行は、英語圏でなくて構いません。特にこのように思っているお子様には、海外に連れて行き、地下鉄に乗ったり、買い物をしたりさせてみましょう。日本語だけではコミュニケーションがとれないことを体感します。そしてさりげなく、英語の放送はどこでも流れることを言ってみてください。

英語を始めるのに遅い、早いはありません。英語の音楽でもNHKのラジオ講座でもなんでもいいので毎日聞かせてみましょう。時間がなかったら、朝食、夕食のBGMでも大丈夫。英語を毎日聞いてから英語を習い始めると上達が全然違いますよ。お子様の英語が上達しますように。

医学部 受験特集

小論文・面接対策

医学部へ行くには?

大学入試センター試験

英語学習アプリ

大学入試改革

広告