就職・転職に有利なパソコン資格!MOSの5つの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マイクロソフト

MOS(モス)とは、マイクロソフトオフィススペシャリスト(Microsoft Office Specialist)の略であり、Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)製品のスキルを認定する資格です。Excel(エクセル)やWord(ワード)、PowerPoint(パワーポイント)などのバージョンごとに試験を受けられます。年々受験者数も増え、幅広い年代に大変人気な資格ですが、その人気の理由を見てみましょう。

1.パソコンスキルを客観的に証明

証明

Excelができます、Wordが使えます、と言ったようなパソコンのスキルは目に見えないもので個人差も出てくるものですが、MOSの資格を取得していれば客観的に証明してくれます。認知度も抜群の資格なので、説得力のある確かな実力証明となります。「合格認定証」の他にWeb上で確認できる「デジタル認定証」も公的な証明書となりますので、いつでも雇用先や教育機関などへ証明できます。

2.就職・転職時のアピールポイントで採用に差がつく

アピール

今やパソコンを使える人が大半だとは思いますが、Microsoft Office製品を使う企業も多い中で、どのくらい使えますか?と言った質問は必ず出てきます。目に見えないスキルを口で主張するだけでは、どうしても説得力に欠けます。MOSは履歴書に書ける資格なので、より具体的・効果的にアピールできます。実務経験が不足していても即戦力として採用へ一歩近づきますね。さらに、資格取得していることで、目標に向かって努力する熱意や学習意欲も評価されます。

3.実務に直結!作業効率のアップ

アップ

Microsoft Office製品は一応一通り使えるけど、こういうことは出来ないのかな、そんなことも出来るなんて知らなかった、と言うことはありませんか?試験は筆記試験ではなく実務試験なので、試験勉強からずっと実際に業務で使うMicrosoft Office製品の操作を学ぶことになります。それぞれの製品に対して効率的に機能を使いこなせるようになるので、当然実務に直結する力が身に付きます。既に就業中の方であれば、試験勉強をしながら、日々の業務効率がアップしていることを体感出来るでしょう。

4.短期間で独学でも取得可能

パソコンがある程度使える場合は、市販のテキストや問題集を使って独学でも取得は可能でしょう。早い人なら2週間、長くても2か月程で合格出来るようです。試験は毎月全国で実施していて年齢に関係なく誰でも受けられます。試験内容も実務試験のみとなり、筆記試験はありません。合否の結果も試験後すぐに判明します。思い立った時にスピーディに取得しやすいのも人気の秘密なのでしょう。

51Juj3dgn9L__SS160_
Microsoft Office Specialist Word 2013 対策テキスト& 問題集 改訂版 (よくわかるマスター)

マイクロソフトオフィス教科書 MOS Excel 2013 テキスト&問題集
マイクロソフトオフィス教科書 MOS Excel 2013 テキスト&問題集

5.世界で使える国際資格

 世界
MOSは約200もの国や地域で実施されていて、Microsoft Office認定の世界共通の資格です。「合格認定証」や「デジタル認定証」によって認定されたスキルは、日本国内だけではなく世界でも通用するグローバルな資格です。

まとめ

MOSの魅力がお分かり頂けたでしょうか。履歴書にも書けて、実務で必要な必須スキルも身に付き、難易度が低く、短期間でも取得可能な資格と言うことで、受けて損はないと思います!

医学部 受験特集

小論文・面接対策

医学部へ行くには?

大学入試センター試験

英語学習アプリ

大学入試改革

広告