通信教材の無料サンプル取り寄せてみた結果!5社徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

0dd2220c5727850376d283490f17aaa6_s

お子さんが小学生に入学なさって一息ついたのもつかの間、既に塾に通っているお子さんもいらっしゃることに愕然とした保護者の方もおられるかと存じます。わが子の勉強は学校だけで良いのかと疑問に思われる方も多いことでしょう。

塾通いするか通信教育にするかの判断材料としてお子さんの適性が大きいと思いますが、たとえば通信教育と一口に言っても多数ありすぎて迷うばかりかもしれません。そこで筆者が独断と偏見で選んだ5社の通信教育をレビューしてみたいと思います。
今回は入学してまもない1年生、2年生を対象としてみました。

1.月刊ポピー 「小学ポピー」

無料見本を送付してくれます(見本は国語・算数4回分ずつ)。
お使いの教科書に沿った内容です。授業の進度に合わせて教材を届けてくれるサービスもあります。国語・算数が毎月、生活科が年4回教材として届きます。その他副教材として国語・英語・生活科の読み物が毎月、国語と算数のまとめ教材が年1回付きます。
添削はなしで、保護者の方の添削と指導を必要とする形です。
・2,700円(2年生は2,800円)/月


家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

2.がんばる舎 「Gambaエース」

WEB見本を参考にするスタイルです。国語・算数・英語の3教科プリントに加えて「なぜなにプリント」という読み物があります。
お使いの教科書に沿った内容で、国立・私立にも対応とのこと。学校の進度が早い場合はそれに合わせて通常より1週間程度早めの内容のプリントを受け取ることもできます。算数にのみパワーアップ算数という応用編オプション(全国共通の内容)があり、25ページ4セット計100ページのプリントが届きます。
添削なしで、保護者の方の添削と指導による形です。
・733円/月~

3.進研ゼミプラス小学講座「チャレンジ」

こちらは無料見本を送付してくれます(見本は国語・算数4回分ずつ)。お使いの教科書に沿った内容です。紙媒体の「オリジナル」とiPadとの併用コース「ハイブリッド」があります。また、お子様の習熟度に合わせて選べる「基礎」「応用」の2コースに分かれています。
月末にテストがあり、添削されて戻ってきます。
基本は国語と算数の二教科ですが、更に別売オプションで「考える力・プラス講座」という国語・算数・理科・社会の4教科をカバーした応用教材、また「ChallengeEnglish」というオンライン英語講座もあります。
・2,705円/月~

4.小学館 ドラゼミ

無料見本送付サービスがあります(見本は国語・算数各1週間分ずつ)。オリジナル教材を使用しており、教科書準拠ではありませんので、学校の学習内容の復習というわけにはいかないのが難点ですが、ドラえもんのコミックを引用した読解問題など子供の心をつかみやすい工夫がなされています。記述問題などは比較的難易度の高い内容に思えました。
国語と算数のみ、オプションで「テレビドラゼミ」というオンライン講座(国語・算数)を受講することも可能です。
月末にテストがあり、添削されて戻ってきます。
・3,045円/月~

ドラゼミで学力アップ

5.いちぶんのいち

見本を送付するサービスはなく、WEB上のサンプルを参考にするか一週間のお試し期間で判断するかのスタイルです(お試しでは最初の一か月分のプリントが送られてきますが、お試し期間中に継続しないと返答すれば返送不要)。国語・算数が基本で、別途英語がオプション、生活科が一年分まとめての送付となっています。
お使いの教科書に沿った内容となっているのですが、教科書と関係なく基礎的な内容を学ぶ「すきっと」というコースもあり、これは基本のコースと併用できます。
添削はありませんので保護者の方が添削して指導する形です。
・800円/月~

終わりに

5社それぞれに個性があり、いずれが良いかお勧めしかねるのですが、判断基準としては添削の有無、英語を必要とするか、教科書準拠の内容を重視するかではないかと思います。
通信教育を一助として、お子様の学習がスムーズに進み、学校生活と勉強を楽しまれるようにと願っております。

医学部 受験特集

小論文・面接対策

医学部へ行くには?

大学入試センター試験

英語学習アプリ

大学入試改革

広告