2020年以降大学入試で知っておきたい!学力の3要素の6つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

yuka150701558664_tp_v1

受験シーズン突入となりました。2020年に大学入試が大きく変わるのは皆さんご存知かと思います。子どもの受験の時はどうなっているのかな?とちょっと心配になる人もいるかも知れませんね。ここでは2020年以降のキーポイントとなる「学力の3要素」についておさえておきましょう。


高大接続ってなに?

82020年以降の新しい大学入学制度には、「高大接続」と呼ばれる高校や大学の教員が協力して、教育内容の連続性や接続性を意識しながら、一体となって生徒・学生の育成に携わっていこう、という考えがあります。これは、3つの柱で構成されています。まず1つ目は「主体的・協働的な学びなどを通じて『真の学ぶ力』を育成する」高等学校教育、2つ目は「学力の3要素を多面的・総合的に評価する」大学入学者選抜、そして3つ目は「高等学校までで培った力を更に向上させ、社会へ送り出す」大学教育です。

学力の3要素とは?

25上で述べた「高大接続」の大学入学者選抜で評価されるのが「学力の3要素」ということになりますが、それでは学力の3要素とはなんでしょうか?
これは、国が「確かな学力」の育成として学校教育法に定めた以下の3つの要素を表します。
①「基礎的な知識及び技能」
②「これらを活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力その他の能力」
③「主体的に学習に取り組む態度」
これらは、子どもたちがこれからの時代を生き抜くために必要な力、と位置付けられています。

① 「基礎的な知識及び技能」

38ここでいう知識・技能とは、学習の基礎・基本になるものを指します。具体的に言うと、算数の計算や漢字の読み書き、文章の読解などです。気を付けたい点は、その知識や技能があるか無いかをみるのではなく、「あることが前提」として、それらをどう使いこなしていくかが重要視されていることがポイントだと言うことです。

②「これらを活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力その他の能力」

14思考力・判断力・表現力などの力が必要になります。そして、これらの力が身についているのかどうか、大学入試では全教科を通して総合的に問われることになります。例えば、知識や技能がどのように使えるか考えられているかどうか、で思考力が、文章や図表など与えられた情報から必要な情報を読み取れているかどうかで判断力、目的や意図を明確にしながら論理的に説明できているかどうかで表現力が判断されます。

③「主体的に学習に取り組む態度」

popy1nenseiこれは、主体性・多様性・協働性のそれぞれの態度を指し、課題に対して自ら能動的に行う主体性、多くの人と関わってさまざまな意見を得ていく多様性、周囲と一緒に解決していく協働性のことです。2020年度からの大学入試では、この主体性・多様性・協働性を適切に評価するために、小論文や面接・ディベートなどが取り入れられると言われています。また、高校までの学習や活動の履歴などの資料も積極的に活用されるようになるとされています。

学力3要素を身につけるためには

%e7%84%a1%e9%a1%8c今後大学入試は、これまでのように知識があれば良いというわけではなく、さまざまな力が必要となります。特に重要視される「学力の3要素」は、すぐに身につくものではありません。日々の学習の中で身の回りの出来事に興味や関心を持ち、自分から課題を発見して解決策を見つける経験を繰り返す必要があります。学習の習慣をつけられるように、家庭でのサポートが重要です。

まとめ

学力の3要素を身につけることが、2020年以降の大学入試のポイントとなりますが、この力は大学入試だけれはなく、社会に出ていく上でも重要な力になります。子どもの将来のためにも、是非身につけさせてあげたいですね。なにより楽しみながら力を養っていけるように、サポートしていきましょう。

医学部 受験特集

小論文・面接対策

医学部へ行くには?

大学入試センター試験

英語学習アプリ

大学入試改革

広告