英会話

2020年どう変わる?英語教育環境の4つのこれから

PAK75_englishranchon20141206202538_TP_V1

2013年、文部科学省は2020年の東京オリンピックに向けて、「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」を発表しました。英語の授業が小学校3年生から行われることになる、と言うのは聞いた人もいると思いますが、中学校や高校ではどうなのでしょうか。小学校から大学入試までの英語教育の想定されるこれからをまとめました。

続きを読む

英会話を自宅で磨く、おすすめオンライン英会話スクール10選

f3c61b2cf4e69e52a6cea93dd4f46e33_s

英語を話せるようになりたいという方は年齢関係なくたくさんいます。しかし、仕事をしながら英会話教室に通うのはとても大変です。仕事があるから、育児があるからとあきらめがちになります。そんなあなたにおすすめなのが自宅で学べるオンライン英会話教室です。教室に通わずにオンライン上で英会話を身に着けられるため、巷では話題になっています。今回はおすすめの教室を紹介していきます。

続きを読む

小学校教員採用試験に有利!加点のある7つの免許・資格

無題

教員として勤めるのであれば教員採用試験に合格して教諭の立場で勤めたいものです。保護者から見ても講師の立場だとどうしても半人前に思われてしまいがちです。業務内容は教諭も講師も変わらないのに、講師の立場であればお給料は下がりますし毎年1年契約を更新していくことになるため、不安定な身分になります。教員採用試験は各都道府県・政令指定都市の教育委員会がそれぞれで行っていて、特色は様々です。ですが、プラス評価がもらえる免許・資格はある程度共通しています。多くの教育委員会で加点・考慮されるものを厳選して紹介します。

続きを読む

スキマ時間で英語を身につける英語学習Androidアプリ10選

C777_meganewokakenaosujyosei

グローバル化が進む中で、英語の重要性は日々高まるばかりです。日系企業であっても昇進にTOEICスコアが求められる会社が増えてきています。ただ、これから就職・進学を考える学生さんにとって問題なのが「英語を学ぶ必要性は感じている。でも、何をすれば良いのかわからない」ということではないでしょうか。

今は英語学習に関する情報はインターネット上などに無数にあふれています。しかし、どの勉強法を信じれば本当に力がつくのか?まではわかりづらいのが問題です。そこで今回は、英語をじっくり勉強する時間を取ることのできない忙しい学生の方々でも、スキマ時間で「しっかりと」英語を身につけられるアプリ10選をご紹介したいと思います。

続きを読む

広告