教員採用試験

小学校教員採用試験に確実に合格できる4つの教材の組み合わせ

yuki86_gakkoudash15120132_tp_v

教員採用試験に合格して小学校教諭を目指すライバルはたくさんいます。しかし、実際に小学校教諭として教壇に立つことができるのは一部で、多くの人が講師として働いています。教員をするのであれば、給料が高くて信頼性もあり、問題を起こさなければクビにもされない教諭になりたいものです。教員採用試験を突破して小学校教諭になるためには意味のあるテキストを使って意味のある勉強ができなくてはいけません。間違いなく意味のある、おすすめ教材を紹介します。

続きを読む

小学校英語指導者資格とは?英語必修化で注目!取得する3つのメリット

160_F_103782734_NTjkDomfDlx2Vowd1dCK1RePimoPXook

小学校での英語の必修化に伴って、英語の教えられる教員の確保が大きな問題になっています。教員採用試験で英語に関する資格を持った人を優遇したり、英語の教員免許を持っている人に加点したりするなど、これから小学校教諭を目指すのであれば英語を教えられることは一つの武器と言えます。小学校で英語を教えたいと思っていても、資格がないとなかなかその夢はかないません。小学校で英語を教えたいという方、より質の高い英語の授業をしたいというあなたに小学校英語指導者資格を紹介します。

続きを読む

小学校教員資格認定試験、5つの対策方法とおすすめ教材

5-3

小学校の教員免許は大学の教育学部で単位を取って取得するのが一般的です。それ以外の取得方法として、文部科学省が実施する教員資格認定試験があります。この試験を受験して合格すると高卒でも小学校教諭の二種免許が取れます。また大学在学中に試験で取得すれば、現在小学校二種免許を取得中の大学生の場合は、少ない単位数で一種免許を取得できます。受験資格は高卒以上の学歴と年齢が20歳を超えていることだけです。つまり、学生でも社会人でもほとんどの人にチャンスがあります。その教員資格認定試験に確実に合格するための対策方法を紹介します。

続きを読む

音楽の先生を目指すなら絶対にやっておきたい5つのこと

YUKI151117190I9A1575_TP_V

音楽教諭、音楽の先生を目指している人は世の中にはたくさんいます。しかし、本当に音楽の先生になれる人はほんの一握りしかいません。つまり、教壇に上がっている音楽の先生はすごい人なのです。さて、今音楽の先生を目指して頑張っている人は多いでしょう。でも、不安な気持ちは強いですよね。将来、音楽の先生になれるようにやっておきたい5つのことを紹介します。

続きを読む

最近話題の司書教諭資格とは?取得する教員が増える5つの理由

ELLY853_honwoyomu15194531_TP_V

最近、取得する教員が増えているのが「学校図書館司書」の資格です。司書教諭というのは学校に教諭として採用された先生のお仕事の一つで、学校図書館に資料をそろえて、教員自らが活用したり、生徒に使用を促すことなどの役割があります。さらには、学校図書館の利用指導計画を立案し、実施の中心となるなど、学校図書館の運営・活用について中心的な役割を担います。「学校図書館司書」とは違い、教諭の立場でこの役割を担います。仕事としてはとても大変なのですが若い教員や教職課程を履修している学生の多くは取得しようとしています。その理由を見ていきましょう。

続きを読む

就職・転職に不利?教員免許を取らないほうがいい6つの理由

YUKA_schoolkakaeru15215519_TP_V

教員になるつもりは全くないけど、とりあえず教員免許を取っておこうという人は案外います。せっかくお金と時間をかけて教員免許を取ったのにずっと眠っている状態の人は多いことでしょう。法改正で教員免許は有効期限が10年になり、更新が必要になりました。更新は事実上、現職教員しかできないため、人生の保険として教員免許を取得しても、10年で無効になってしまいます。教員免許は教師として教壇に立つためには必須ですが、それ以外には役に立ちません。教員免許を取らないほうがいい理由を見てみましょう。

続きを読む

教員採用試験を簡単に合格するための7つのチェックポイント

5942ded4e963e02fb584766b769b7e2c_l

教員採用試験は鳥取県教育委員会など20倍を超える高倍率のところもあるなどとても難関です。一生懸命に勉強をしてもなかなか合格に結びつかない人はたくさんいます。しかし、教諭の立場になるためにはこの厳しい試験を合格する力がないといけません。どうしても教諭になりたいのだけど、このままでは勝てないという人もいることでしょう。そんなあなたのために教員採用試験の特別選考を使ったチェックポイントを紹介します。

続きを読む

小学校教員採用試験に有利!加点のある7つの免許・資格

無題

教員として勤めるのであれば教員採用試験に合格して教諭の立場で勤めたいものです。保護者から見ても講師の立場だとどうしても半人前に思われてしまいがちです。業務内容は教諭も講師も変わらないのに、講師の立場であればお給料は下がりますし毎年1年契約を更新していくことになるため、不安定な身分になります。教員採用試験は各都道府県・政令指定都市の教育委員会がそれぞれで行っていて、特色は様々です。ですが、プラス評価がもらえる免許・資格はある程度共通しています。多くの教育委員会で加点・考慮されるものを厳選して紹介します。

続きを読む

通信制大学で教員免許取得・教師になるための7つのステップ

Green9_flo20141123175723

教員を目指す人にとって教員免許は必須ですね。通信制大学を利用して、かかる費用や時間を節約しながら目指す免許をなるべく手軽に取得してみましょう。
中卒・高校中退や高卒、他大学で学んだ経験のある人など色々な場合があると思いますが、働きながらでもできる免許の取得の仕方をご紹介したいと思います。

続きを読む

これからの時代、教員免許と同時に取りたい7つの資格

3dabb7f52c6bafc1bfb7ace4543efa8f_m

教員採用試験で合格を勝ち取るのは本当に狭き門です。教員免許を取っても簡単には教諭にはなれません。なかなか教員採用試験に合格できず講師を続ける先生も多くいます。なかには教員としての正規採用をあきらめて別の仕事を始める人もいます。教育者であれば中心は生徒ですが、先生も人間であり生きていかなくてはいけません。将来を念頭に、厳しいこの時代に、またこれからを見据えて教員を志望するのであれば取っておくべき資格を紹介します。

続きを読む

広告