幅広い基礎力が魅力的!Z会幼児コースの5つのポイント

4

Z会 幼児コース「ぺあぜっと」は、難関大学向け通信教育で有名なZ会による幼児向け通信教育です。Z会というと問題が難しいというイメージがあるけれど、幼児コースも難しいの?受講料は?気になるポイントを見てみましょう。

対象と受講料

8幼児コースの対象は3歳から6歳までです。年少から年長までそれぞれコースが分かれており、2016年度の月々の保険料は次のとおりです。

年少コース:1,954円、年中コース:2,571円、年長コース:2,571

Z会の通信教育というと、他の通信教育に比べて少し受講料が高いというイメージもありますが、幼児コースに関しては異なるようですね。さらに、4月開講時からスタートした場合のみ6ヶ月・12ヶ月一括払いもあり、少しお得になります。

5つの領域を学習

5幼児のときにしっかりと身につけておきたい、「自然・環境」「生活・自立」「表現・身体活動」「数・形・論理」「ことば」の5つ領域を重視することをコンセプトにしていて、それぞれの体験を通して観察力や想像力も育めるようになっています。子どもが主体的に学ぶことによって「あと伸び力」が育つように力を入れています。

バランスの良い教材

z体験型教材「ぺあぜっと」とワーク教材「かんがえるちからワーク」の構成になっています。「ぺあぜっと」の体験学習は休日に行い、短時間で少しずつ取り組めるワークは平日に行うなど、家庭の生活パターンに合わせて学習計画が立てられます。内容も小学校の先取り教育として知識を身につけさせるだけではなく、覚えた知識をどのように使っていくかに重点が置かれた発展的な内容になっています。色々な実体験をさせるものなので、自ら体験して考えることが習慣づけられます。

個別担任制で提出課題も

img_20161008_071723年中・年長コースには提出用の「ぺあぜっとシート」がついています。「ぺあぜっと」の学習をもとにして親子で振り返りながら提出課題を絵に書いて提出すると、担当の先生より「おへんじシート」が届くので、毎月の励みになります。年少コースには「せいちょうきろくシート」がついているので、体験課題への取り組みの様子などを書き留めておけます。

親子で一緒に取り組める

7「一人で取り組む課題」以外にも「親子で取り組む課題」もあるので、親子でたくさん会話をして、コミュニケーションを取りながら一緒に学ぶことができます。学習しながら親子の時間が取れるのも、魅力の1つですね。保護者向けに取り組み方の説明も記載されていて、どのように子供を導けばよいか参考にすることができるようになっているので安心です。全部一緒にやるのは大変だけど、子どもが小さいうちはいろいろと一緒に体験したい、1人で学習する習慣もつけさせたい、といった要望にも応えてくれます。

まとめ

実体験とワークを通して、「五感を使った良質な体験」「考えることの習慣付け」など、幅広い基礎力を鍛えることができます。小学校入学に向けて、確かな手ごたえと自信を身につけることができる魅力的な幼児教材と言えるでしょう。

参考記事:幼児から高校生まで。Z会の資料請求受付中!



寝る子は育つは本当だった!子どもの睡眠6つの話

0i9a446615032135gussuri2_tp_v1

寝る子は育つと言いますが、脳や身体が急速に育つ幼児期に睡眠が与える影響が大きいのは事実です。睡眠不足が続くと、肥満を引き起こしたり、記憶力や集中力の低下を招くだけではなく、攻撃性やうつ病のリスクが高まるとも言われています。子どもの睡眠について見てみましょう。

続きを読む

小学校教員資格認定試験、5つの対策方法とおすすめ教材

5-3

小学校の教員免許は大学の教育学部で単位を取って取得するのが一般的です。それ以外の取得方法として、文部科学省が実施する教員資格認定試験があります。この試験を受験して合格すると高卒でも小学校教諭の二種免許が取れます。また大学在学中に試験で取得すれば、現在小学校二種免許を取得中の大学生の場合は、少ない単位数で一種免許を取得できます。受験資格は高卒以上の学歴と年齢が20歳を超えていることだけです。つまり、学生でも社会人でもほとんどの人にチャンスがあります。その教員資格認定試験に確実に合格するための対策方法を紹介します。

続きを読む

フランス大統領選挙とフランス政治制度を5つの観点から解説

pak72_kawamurasalon15220239_tp_v1

次のフランス大統領が決まるのはオランド大統領の任期が切れる2017年です。フランスの政治制度は典型的な半大統領制であり、よくセンター試験や小論文で取り上げられます。小論文で論じるためにはまずは制度を理解していなくてはいけません。今回はフランス大統領制、フランスの政治制度について解説していきます。

続きを読む

ヘイトスピーチ対策法とは、4つの観点からわかりやすく解説

現代の小学生

ヘイトスピーチに関して一部で社会問題となり、国会でヘイトスピーチ対策法が成立しました。そもそも、ヘイトスピーチとは何でしょうか、ヘイトスピーチ対策法とはどんな法律でしょうか、また小論文にはどんな出題が考えられるでしょうか。「ヘイトスピーチ」は共生社会や表現の自由など様々なキーワードと関わりあうため、2017年の小論文や面接などで要注意なワードのひとつで間違いありません。今回はヘイトスピーチ対策法を解説していきます。

続きを読む

漢字が苦手な小学生がおさえておきたい!タイプ別4つのポイント

yuki150321280i9a4443_tp_v1

スマートフォンやパソコンが身近になり、手書きで文字を書く機会が減ってきています。漢字が思い出せなくても自動変換されるので、漢字自体あいまいな形としてしか認識しかないという人も多いのではないでしょうか。その実態は子どもにも影響しています。実際、漢字を覚えるのが苦手な小学生が増えているようです。学習に取り組むポイントをおさえて、漢字学習を定着させましょう。

続きを読む

センター試験時事問題2017・政治経済・現代社会の狙い目

150415122579_tp_v1

2017年大学入試センター試験のために2015年のニュースから現代社会、政治経済の時事問題の狙い目を分析します。
大学入試センター試験の試験問題は、前回の試験が終わった直後から作りはじめて秋ごろには完成しているといわれます。
そのため、時事問題が出される地歴公民の科目では、直前の年の時事や、試験までに事実が変化しそうな性質の問題は出されにくいといわれています。

続きを読む

特別支援学校で教員になるのに有利なおすすめ資格6選

a0001_016405

現在、小学校・中学校の教員免許を取得するときには特別支援学校での介護体験が必須になっています。介護体験を受けて特別支援学校に興味を持ち、将来特別支援教諭を目指す人はそれなりにいます。それに、教員採用試験の倍率の低さから志すという人もいます。特別支援学校には障がいを持った児童生徒が通っていて、教員には柔軟さが求められます。また、児童生徒の障がいは知的障害だけではありません。視覚・聴覚などの身体障がいや、様々な障がいが重なった重複障がいの児童生徒もいます。こういった児童生徒に対応できるために役に立つ資格を紹介します。

続きを読む

小学校入学までにできるようにしておきたい!6つの勉強準備

7

最近では、小学校入学前にすでにひらがなが読めたり書けたりする子も多くなってきていますよね。なかには自分の名前が漢字で書けたり、算数が出来る子もいるので、入学前にどこまでしておけばいいのか心配になったりする人もいるのではないでしょうか。入学後の授業に内容についてみてみましょう。

続きを読む

履歴書資格欄を埋める、気が付いたらあなたも取れてた資格4選

pak72_kawamurasalon15220239_tp_v1

就活や転職で履歴書を書く機会はたくさんあります。そんなとき、空欄になりがちなところが「資格・免許」のところではないでしょうか。運転免許すらないのは言語道断、資格欄が運転免許しかないというのはさみしいものです。もちろん、簡単に取れる国家資格 を取得するのも一つの手ですが、資格を取るために休むのは厳しいという方もいるでしょう。そんなあなたに大学を卒業していれば自分でも知らない間に取れているかもしれない資格を紹介します。

続きを読む

保育士試験を一発合格するポイント4つとおすすめ教材

yuuki150321140i9a4377_tp_v

待機児童の問題などで保育士不足がクローズアップされています。保育士は大学や短期大学、専門学校などに通って取得するイメージが強い資格ですが、実は保育士試験に合格すれば取得できます。保育士を将来の夢に考えている受験生であれば、この試験を利用すれば、わざわざ保育士養成学校に通う必要がなくなります。お金がかなり浮きますし、教員免許などのほかの勉強をすることができます。

続きを読む

女子高生から二重まぶた整形を相談される!高校教員から4つのアドバイス

1000maiomeome_tp_v

最近は美容整形手術が一般的になり、昔ほど整形に抵抗が無くなってきました。技術的にも、切らないで医療用の糸を埋め込む埋没法のような簡単な手術もあり15分くらいで済むようになりました。切開して行う切開法の手術も、1週間くらいで腫れが引いて負担も少なくなっています。それと同時に高校生からの美容意識が高まり、高校生から二重まぶたに憧れる生徒も多いようです。
学校教員の立場で、教え子から美容整形をするかどうか迷っていると相談されることも多いようです。そうした場合にどのように対応したら良いのか考えてみましょう。

続きを読む

スマホ依存大丈夫?子どもがネットと上手に付き合う6つのポイント

1

ゲームやスマホ・タブレットなどのデジタル機器は、今や子どもも使いこなし、生活になくてはならない存在になっています。その一方トラブルが多いことも事実です。小さな子どもが使う場合は大人が注意をしてあげる必要がありますね。子どもが家庭でデジタル機器を使用する際の、上手な付き合い方をみてみましょう。

続きを読む

デジタル世代の今知っておきたい、子どもの4大ネットトラブル

5

最近では、授業にデジタル教材を使用する学校も増えてきています。社会に出ると仕事でもインターネットを使うことが当たり前になってきている現在、子どももインターネットを使った知らべ学習が中心になってきたり、通信教育でもタブレット教材が広まってきたりすると、小さいうちからデジタル機器に触れさせておこうかな、と思いますよね。一方でネット依存などの問題があるのも事実です。上手に付き合っていくために、問題点を見ておきましょう。

続きを読む

広告