ヘイトスピーチ対策法とは、4つの観点からわかりやすく解説

現代の小学生

ヘイトスピーチに関して一部で社会問題となり、国会でヘイトスピーチ対策法が成立しました。そもそも、ヘイトスピーチとは何でしょうか、ヘイトスピーチ対策法とはどんな法律でしょうか、また小論文にはどんな出題が考えられるでしょうか。「ヘイトスピーチ」は共生社会や表現の自由など様々なキーワードと関わりあうため、2017年の小論文や面接などで要注意なワードのひとつで間違いありません。今回はヘイトスピーチ対策法を解説していきます。

続きを読む

漢字が苦手な小学生がおさえておきたい!タイプ別4つのポイント

yuki150321280i9a4443_tp_v1

スマートフォンやパソコンが身近になり、手書きで文字を書く機会が減ってきています。漢字が思い出せなくても自動変換されるので、漢字自体あいまいな形としてしか認識しかないという人も多いのではないでしょうか。その実態は子どもにも影響しています。実際、漢字を覚えるのが苦手な小学生が増えているようです。学習に取り組むポイントをおさえて、漢字学習を定着させましょう。

続きを読む

センター試験時事問題2017・政治経済・現代社会の狙い目

150415122579_tp_v1

2017年大学入試センター試験のために2015年のニュースから現代社会、政治経済の時事問題の狙い目を分析します。
大学入試センター試験の試験問題は、前回の試験が終わった直後から作りはじめて秋ごろには完成しているといわれます。
そのため、時事問題が出される地歴公民の科目では、直前の年の時事や、試験までに事実が変化しそうな性質の問題は出されにくいといわれています。

続きを読む

特別支援学校で教員になるのに有利なおすすめ資格6選

a0001_016405

現在、小学校・中学校の教員免許を取得するときには特別支援学校での介護体験が必須になっています。介護体験を受けて特別支援学校に興味を持ち、将来特別支援教諭を目指す人はそれなりにいます。それに、教員採用試験の倍率の低さから志すという人もいます。特別支援学校には障がいを持った児童生徒が通っていて、教員には柔軟さが求められます。また、児童生徒の障がいは知的障害だけではありません。視覚・聴覚などの身体障がいや、様々な障がいが重なった重複障がいの児童生徒もいます。こういった児童生徒に対応できるために役に立つ資格を紹介します。

続きを読む

小学校入学までにできるようにしておきたい!6つの勉強準備

7

最近では、小学校入学前にすでにひらがなが読めたり書けたりする子も多くなってきていますよね。なかには自分の名前が漢字で書けたり、算数が出来る子もいるので、入学前にどこまでしておけばいいのか心配になったりする人もいるのではないでしょうか。入学後の授業に内容についてみてみましょう。

続きを読む

履歴書資格欄を埋める、気が付いたらあなたも取れてた資格4選

pak72_kawamurasalon15220239_tp_v1

就活や転職で履歴書を書く機会はたくさんあります。そんなとき、空欄になりがちなところが「資格・免許」のところではないでしょうか。運転免許すらないのは言語道断、資格欄が運転免許しかないというのはさみしいものです。もちろん、簡単に取れる国家資格 を取得するのも一つの手ですが、資格を取るために休むのは厳しいという方もいるでしょう。そんなあなたに大学を卒業していれば自分でも知らない間に取れているかもしれない資格を紹介します。

続きを読む

保育士試験を一発合格するポイント4つとおすすめ教材

yuuki150321140i9a4377_tp_v

待機児童の問題などで保育士不足がクローズアップされています。保育士は大学や短期大学、専門学校などに通って取得するイメージが強い資格ですが、実は保育士試験に合格すれば取得できます。保育士を将来の夢に考えている受験生であれば、この試験を利用すれば、わざわざ保育士養成学校に通う必要がなくなります。お金がかなり浮きますし、教員免許などのほかの勉強をすることができます。

続きを読む

女子高生から二重まぶた整形を相談される!高校教員から4つのアドバイス

1000maiomeome_tp_v

最近は美容整形手術が一般的になり、昔ほど整形に抵抗が無くなってきました。技術的にも、切らないで医療用の糸を埋め込む埋没法のような簡単な手術もあり15分くらいで済むようになりました。切開して行う切開法の手術も、1週間くらいで腫れが引いて負担も少なくなっています。それと同時に高校生からの美容意識が高まり、高校生から二重まぶたに憧れる生徒も多いようです。
学校教員の立場で、教え子から美容整形をするかどうか迷っていると相談されることも多いようです。そうした場合にどのように対応したら良いのか考えてみましょう。

続きを読む

スマホ依存大丈夫?子どもがネットと上手に付き合う6つのポイント

1

ゲームやスマホ・タブレットなどのデジタル機器は、今や子どもも使いこなし、生活になくてはならない存在になっています。その一方トラブルが多いことも事実です。小さな子どもが使う場合は大人が注意をしてあげる必要がありますね。子どもが家庭でデジタル機器を使用する際の、上手な付き合い方をみてみましょう。

続きを読む

デジタル世代の今知っておきたい、子どもの4大ネットトラブル

5

最近では、授業にデジタル教材を使用する学校も増えてきています。社会に出ると仕事でもインターネットを使うことが当たり前になってきている現在、子どももインターネットを使った知らべ学習が中心になってきたり、通信教育でもタブレット教材が広まってきたりすると、小さいうちからデジタル機器に触れさせておこうかな、と思いますよね。一方でネット依存などの問題があるのも事実です。上手に付き合っていくために、問題点を見ておきましょう。

続きを読む

全日制とは違う?通信制高校の選び方7つのチェックポイント

分かり合える

全日制高校に何らかの理由で通えなかったりするのが生徒が通うのが通信制高校と思っていませんか。現在は、時間が自由に使える特色を生かして積極的に通信制高校を選ぶ選択肢もあります。映像教材などで学びながら、何日か学校に行き授業を受けるというスタイルが一般的です。全日制の高校と異なり、偏差値のような比較のものさしがないので選び方がわからない……という方のために選び方を紹介したいと思います。

続きを読む

幼児期におすすめ!就学前まで長く遊べる知育玩具厳選3つ!

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

知育玩具を選ぶ時、どんなことを重視しますか?せっかく与えるなら長く遊べて知育としての効果があるものがいいと思うのが親心ですよね。それに何年も成長とともに発展しながら遊べる知育玩具ならばすぐに飽きてしまうおもちゃよりもとても経済的です。またお子さんにとっても長く付き合った知育玩具は、成長してからも「思い出」としてずっと大事にとっておきたくなるはずです。そんな親友のような知育玩具に出会えたらいいですよね。ではどのような知育玩具なら長く遊べるのでしょうか?手先を動かし、脳を刺激しながら、1歳から小学校入学前まで長く遊べる知育玩具を3つ厳選してみましたのでご紹介いたします。

続きを読む

運転免許の学科試験を受ける前に読んでおきたいサイト6選

0f36f6581a2fd8ecb852676458ba08a6_s

運転免許を取るのには、最低一度は運転免許試験場か運転免許センターへ行かねばなりません。
もちろん学科試験のためです。教習所や自宅などで十分試験勉強をしてきた、自信はあるという方も、やはり不安は尽きないのではないでしょうか。仕事や学業の合間をぬって受験するならなおのこと、何度も受験したくないものです。そんなあなたのためにお役に立つサイトをご紹介いたします。

続きを読む

知って納得!Z会小学生コースが人気の5つの理由

2

70年という歴史を持ち、東大をはじめとする有名大学への合格者数で圧倒的な実績を誇る、Z会の小学生向け通信教育は、質の良い問題でやりがいがある、と人気もあります。実際はどうなのでしょうか。中学受験もこれで大丈夫?受講料が高いって本当?気になるポイントをまとめてみました。

続きを読む

広告