教員志望

教員志望の学生・社会人のみなさんへの役立つ情報を集めました。

子どもがピアノを習い始めたら与えたい7つの楽譜や本

b92a7d058e6341dcdd61f53245b76e2b_s

昔からピアノは人気があり、習いたいと思っている子どもは沢山います。しかしピアノを題材にした学習本や楽譜はありふれていて、一体何を与えたら良いか難しいです。特に自分がピアノを習ったことがない親であれば、全く検討もつかないことでしょう。ピアノを学習するにあたり、有名で必ず1度は通っておきたい本や楽譜を紹介します。

続きを読む

小学生にパズルを与えよ!遊びから知能を育てる定番商品7選

3d980d6260398565911473bfeb155288_s

学習というと、机に座って黙々と勉強することを想像しがちですが、それだけが学習ではありません。子どもの頃は頭が柔軟で、身の回りにある全てのものから色々なことを学びとっています。それは遊びであっても同じです。今回は頭を柔らかくし、想像力を高めるのに役立つものを紹介します。遊びながらできるので、子どもも長続きします。

続きを読む

就職・転職に不利?教員免許を取らないほうがいい6つの理由

YUKA_schoolkakaeru15215519_TP_V

教員になるつもりは全くないけど、とりあえず教員免許を取っておこうという人は案外います。せっかくお金と時間をかけて教員免許を取ったのにずっと眠っている状態の人は多いことでしょう。法改正で教員免許は有効期限が10年になり、更新が必要になりました。更新は事実上、現職教員しかできないため、人生の保険として教員免許を取得しても、10年で無効になってしまいます。教員免許は教師として教壇に立つためには必須ですが、それ以外には役に立ちません。教員免許を取らないほうがいい理由を見てみましょう。

続きを読む

教員採用試験を簡単に合格するための7つのチェックポイント

5942ded4e963e02fb584766b769b7e2c_l

教員採用試験は鳥取県教育委員会など20倍を超える高倍率のところもあるなどとても難関です。一生懸命に勉強をしてもなかなか合格に結びつかない人はたくさんいます。しかし、教諭の立場になるためにはこの厳しい試験を合格する力がないといけません。どうしても教諭になりたいのだけど、このままでは勝てないという人もいることでしょう。そんなあなたのために教員採用試験の特別選考を使ったチェックポイントを紹介します。

続きを読む

小学校教員採用試験に有利!加点のある7つの免許・資格

無題

教員として勤めるのであれば教員採用試験に合格して教諭の立場で勤めたいものです。保護者から見ても講師の立場だとどうしても半人前に思われてしまいがちです。業務内容は教諭も講師も変わらないのに、講師の立場であればお給料は下がりますし毎年1年契約を更新していくことになるため、不安定な身分になります。教員採用試験は各都道府県・政令指定都市の教育委員会がそれぞれで行っていて、特色は様々です。ですが、プラス評価がもらえる免許・資格はある程度共通しています。多くの教育委員会で加点・考慮されるものを厳選して紹介します。

続きを読む

学校でも社会でも共通するいじめを生まないための5つの秘策

YUKA_eigokyoushi15215934_TP_V

いじめのないクラスは理想ではありますがなかなか難しい現実があります。学校のいじめはもちろん大人の社会でもいじめは存在します。では、いじめを生まないためにはどうしたらよいのでしょうか。いじめの発生しにくい環境をを創りみんなが幸せに過ごせるための5つの秘策をここに紹介します。

続きを読む

転校した時、子供に起こりやすい5つの問題と解決策

403

転校というのは子供にとっては不安でいっぱいです。子供というのは大人には考えられないような悩みを抱えている場合もあります。仕事の都合での転勤であれば、なかなか子供の気持ちに接している余裕はないかもしれませんが、親としては少しでも子供の悩みに目を向けたいものです。転校した子供が持ちやすい不安や問題をまとめて紹介します。

続きを読む

いじめに耐え抜き乗り越えるための5つの発想の転換

4b494f57715647bdc33e3b8761cd4695_m

いじめという問題は何か事件が起こるたびにクローズアップされていますが、根本的な解決はなかなか難しいです。いじめによる自殺という痛ましいことが実際に起こっています。いじめが原因で自殺とまではいかなくても、学校に通うのがつらくなったり、登校拒否になったりするケースはあるでしょう。一度不登校になると復帰するのはなかなか大変です。最近はマスメディアに注目されたことで関心を集めていますが、いじめというのは形は違っても昔からずっとあります。今後も無くなることはないでしょう。そうなれば、いじめにいかにして耐えられるかが大事になります。いじめに耐え抜き、そして乗り越えられる強い子になるための考え方を紹介します。今、悩んでいるあなたも、子供が悩んでいるというあなたもうまく活用してください。

続きを読む

教員免許が生かせる教員以外のお仕事、おすすめ6選

5-1

教員免許を取るためには大学で教職課程を履修しなくてはいけません。教員免許を取得して教員を目指す人もいれば、教員になる気はないけどとりあえず保険として取っている人もいることでしょう。せっかく、苦労して教員免許を取得したのですからそれを生かした仕事に就きたいという気持ちはあると思います。教員免許は教員以外では意味がないという声もありますが、それを生かして働くことは十分可能です。教員免許を生かして働くことができる教員以外の仕事を紹介します。

続きを読む

子供が不登校になったら、復帰のための5つのステップ

gatag-00001846

学校という社会は常に流動的で、環境の変化にあふれています。それにうまく適応できずに不登校となってしまう児童・生徒も多いです。いつ、自分やその周りの人が登校拒否を始めてもおかしくありません。今の時代は、LINEなどの影響で、大人の見えないところで何が起こっているのかを把握することは困難です。子供が不登校になってしまったときにもう一度学校に通えるように、復帰のためのステップをご紹介します。

続きを読む

NHK高校講座が面白い!新年度、保健体育になんと壇蜜先生を起用!

NHK高校講座 保健体育

NHK教育、ETVの高校講座はだれでも一度は見たことがあると思います。以前は少し地味な印象でした。しかし、近年はアイドルタレントを起用するほか、内容も年々誰でも親しみやすく興味深いものに充実しています。新年度はなんと!、保健体育に壇蜜先生を起用して注目を読んでいます。え、壇密!?先生の保健体育って?

続きを読む

通信制大学で教員免許取得・教師になるための7つのステップ

Green9_flo20141123175723

教員を目指す人にとって教員免許は必須ですね。通信制大学を利用して、かかる費用や時間を節約しながら目指す免許をなるべく手軽に取得してみましょう。
中卒・高校中退や高卒、他大学で学んだ経験のある人など色々な場合があると思いますが、働きながらでもできる免許の取得の仕方をご紹介したいと思います。

続きを読む

テストに出そうな憲法改正の最新事情、日本国憲法5つの論点

-shared-img-thumb-150415092468_TP_V

憲法改正は今夏の参議院選挙の争点の一つとなるのが有力です。場合によっては衆参W選挙も噂されています。自民党は野党であった谷垣総裁時代に憲法改正草案をまとめ、安倍政権の下で着々と改正に向けて政治を進めています。一方で現在、野党に転落した民進党(旧民主党)などその他の野党は党内の意見を集約しきれていなかったり、そもそも一切の改憲に反対の護憲の立場であったりと議論がなかなか深まらない面もあります。定期テストの勉強をする場合は、やはり現代の生きた政治と絡めて勉強したほうが点数を取りやすいものです。注目されている論点をきっかけに、定期テストの重要事項を押さえましょう。
続きを読む

道徳の教材にも使いたい中島みゆきの名曲6選

YUKA_YUKAhon15194849_TP_V

道徳の教材に悩む教員は多いのではないでしょうか。また特に中学校教諭の教員免許の取得を目指している場合は、ある程度得意であろう教科に関する科目とは異なり苦手にしている方も多いことでしょう。道徳は授業参観の時にやることも多く保護者の目も考えなくてはなりません。それだけでなく、児童・生徒にとって何かを感じられるものでなくてはいけません。数多くの名曲を持つ中島みゆきの作品から、道徳に使える作品を厳選して紹介します。
続きを読む

小論文の採点を人工知能やロボットで?採点者の経験ではAIとそんなに変わらないよ

4b494f57715647bdc33e3b8761cd4695_m

2020年からの大学入試改革では記述式試験で人工知能(AI)を活用することが注目されています。
中央教育審議会の答申により、進められている高大接続改革では、2014年12月、知識偏重教育から思考力重視への転換を目指し、大学入試と高校教育、大学教育の一体的な改革を目指しています。グローバル化や情報化、少子高齢化など社会の変化が激しい中で、主体的に考え、行動できる人材を育てるため、一貫した理念のもとで教育することが求められています。2020年からは大学入試センター試験の後継テストとして「大学入学希望者学力評価テスト」と、高校生の基礎学力を測る「高等学校基礎学力テスト」の2つの新テスト導入が予定されています。

続きを読む

LGBTに関して教員が持つべき5つの認識

OY1151013340829_TP_V

LGBTというワードを一度は耳にしたことがあることでしょう。日本ではここ最近浸透してきつつある言葉です。約13人に1人の割合でこれに該当するといわれています。つまり、少なくとも教室に1人はいてもおかしくないわけです。しかし、日本の教育界ではこれへの対応が大きく遅れています。教師自体に知識がないため対応できないという理由もあるでしょう。教員として備えるべきLGBTへの認識を紹介します。

続きを読む

教育の政治的中立を確保するための5つの視点

OOK86_hitogominonakadesenkyokatudou_TP_V

学校教育は学習指導要領に基づいて、政治的中立な姿勢が求められます。公職選挙法の改正によりこの夏からは選挙権年齢が18歳に引き下げられます。大学生はもちろんのこと、一部の高校生にも選挙権が付与されることになります。SEALDsを代表に積極的に政治参加をする若者が注目される一方で、低い投票率などが問題になっています。教員も一国民でありますから「市民」として意見を持つのは自然なことです。しかし、教壇にの上では教育者として政治的に中立でなくてはいけません。特定の政党の主張や意見に偏らず、教育の政治的中立を確保しながら、生徒に政治について考えてもらうために持つべき視点を紹介します。
続きを読む

社会人15年目で教員に!教師に必要だと気づいた7つの能力

55003dd5dbe4e46514ab93e0397b23b1_m

社会人経験15年から一念発起して教員になり、3年。教育実習などで学校にくる学生、将来教員になりたいという高校生を見ていると、単なる憧れで大丈夫かと心配になります。教員志望を目指して教員免許を取得する人の多くの憧れと現実の教員の像には大きな乖離があるからです。
なんとなく学校の先生にあこがれる学生も多く、自分のような教員にあこがれてくれるのはうれしいのですが、もっと社会やさまざまな職業を見て考え直したほうがいいのではないかと思います。

学校の実際と、やはり必要だと感じた7つの能力についてまとめました。

続きを読む

生徒に慕われる本当にいい先生の6条件とは

150415332018_TP_V

教員を目指して教員免許を取得する人の多くは憧れの先生というのがいることでしょう。いい先生が一人もいなかったというのは少ないと思います。たくさん先生がいる中で本当にいい先生というのは限られています。生徒という立場であったときは気がつかなかったけど、実はいい先生だったという先生もいることでしょう。本当にいい先生になるための6つの条件を紹介します。

続きを読む

広告