幼稚園・小学校受験

これで安心!小1の壁を乗り越える5つのポイント

YUKI_pikapikano15120242_TP_V1

「小学生に上がったら楽になるね」と思われがちですが、幼稚園や保育園とは全く違う初めての生活が始まるので、小学校1年生は意外と大変なのです。働くママたちの間で「小1の壁」と呼ばれているさまざまな問題と解決するポイントを紹介します。

続きを読む

小学校英語指導者資格とは?英語必修化で注目!取得する3つのメリット

160_F_103782734_NTjkDomfDlx2Vowd1dCK1RePimoPXook

小学校での英語の必修化に伴って、英語の教えられる教員の確保が大きな問題になっています。教員採用試験で英語に関する資格を持った人を優遇したり、英語の教員免許を持っている人に加点したりするなど、これから小学校教諭を目指すのであれば英語を教えられることは一つの武器と言えます。小学校で英語を教えたいと思っていても、資格がないとなかなかその夢はかないません。小学校で英語を教えたいという方、より質の高い英語の授業をしたいというあなたに小学校英語指導者資格を紹介します。

続きを読む

寝る子は育つは本当だった!子どもの睡眠6つの話

0i9a446615032135gussuri2_tp_v1

寝る子は育つと言いますが、脳や身体が急速に育つ幼児期に睡眠が与える影響が大きいのは事実です。睡眠不足が続くと、肥満を引き起こしたり、記憶力や集中力の低下を招くだけではなく、攻撃性やうつ病のリスクが高まるとも言われています。子どもの睡眠について見てみましょう。

続きを読む

小学校入学までにできるようにしておきたい!6つの勉強準備

7

最近では、小学校入学前にすでにひらがなが読めたり書けたりする子も多くなってきていますよね。なかには自分の名前が漢字で書けたり、算数が出来る子もいるので、入学前にどこまでしておけばいいのか心配になったりする人もいるのではないでしょうか。入学後の授業に内容についてみてみましょう。

続きを読む

スマホ依存大丈夫?子どもがネットと上手に付き合う6つのポイント

1

ゲームやスマホ・タブレットなどのデジタル機器は、今や子どもも使いこなし、生活になくてはならない存在になっています。その一方トラブルが多いことも事実です。小さな子どもが使う場合は大人が注意をしてあげる必要がありますね。子どもが家庭でデジタル機器を使用する際の、上手な付き合い方をみてみましょう。

続きを読む

幼児期におすすめ!就学前まで長く遊べる知育玩具厳選3つ!

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

知育玩具を選ぶ時、どんなことを重視しますか?せっかく与えるなら長く遊べて知育としての効果があるものがいいと思うのが親心ですよね。それに何年も成長とともに発展しながら遊べる知育玩具ならばすぐに飽きてしまうおもちゃよりもとても経済的です。またお子さんにとっても長く付き合った知育玩具は、成長してからも「思い出」としてずっと大事にとっておきたくなるはずです。そんな親友のような知育玩具に出会えたらいいですよね。ではどのような知育玩具なら長く遊べるのでしょうか?手先を動かし、脳を刺激しながら、1歳から小学校入学前まで長く遊べる知育玩具を3つ厳選してみましたのでご紹介いたします。

続きを読む

幼児向け通信教育ぷちドラゼミの評判は?気になる5つのポイント

anj77_ehonwomiru20141115105326_tp_v1

ドラえもんのキャラクターでおなじみ、小学館集英社プロダクションの通信講座の幼児コース版です。小学生向けにはドラゼミがあります。百ます計算でも有名な、立命館大学教育開発推進機構教授、立命館小学校副校長の隂山英男先生が監修しています。気になるぷちドラゼミのポイントを見てみましょう。

続きを読む

子供の才能を引き出すために親ができる10のこと

5

お子さんが大きくなり、小学校入学前後になると、「この子にはどんなことをさせよう」「どんなことを習わせようか」と考えてしまいますが、いろんなことをやらせ過ぎてしまうと、お子さんがパニックになってしまいますし、お母さんもしんどくなってしまいます。では、幼児や小学生の親御さんが上手にお子さんの才能を引き出すことができることを10個紹介します。

続きを読む

子どもに英語を習わせる前にすべき7つのこと

YUUKI150321140I9A4377_TP_V1

英語を習わせるのは費用もかかるし、学校選びにも労力がいります。小学生になると習い事も増え、なかなか時間ありませんよね。。。まだ英語を習わせるか決めていなくても、今からやっておくといいことを紹介しますね。

続きを読む

親が楽する運動遊びで伸びる!子どもの5つの運動能力

yagi21511153615111536_tp_v1

運動神経の良い人、悪い人、生まれつきだと思っていませんか?運動神経は外からの刺激を受け取る目や耳、皮膚などの器官が発達・完成する4歳頃から、バランス感覚や運動機能をつかさどる小脳ができ上がる12歳頃までに著しく成長します。12歳までを運動神経を育てる「ゴールデンエイジ」といい、この時期にどれだけいろいろな運動をしたか、で神経の回路が複雑に発達していくのです。この回路はすべてのスポーツの基礎になり、大人になっても機能が衰えることはほとんどありません。将来的にスポーツで壁にぶち当たったときに成長の伸びしろになってくれるでしょう。逆にこの時期を逃すとあとから運動神経を発達させることは難しくなります。運動に欠かせない5つの能力とその能力を伸ばす遊びを紹介します。

続きを読む

小学校受験する?しない?私立・国立・公立を選んだ9つの理由

8

今や子供にとっての受験は避けては通れないものになっています。小学校受験もその一つです。みんな地元の公立小学校に進むのだと思っていたら、受験をして国立や私立の小学校へ進むらしい、と言う話を耳にしたこともあるのではないでしょうか。そもそもどうしてみんな受験したの?受験せずに公立を選んだのはどうして?気になる理由を見てみましょう。

続きを読む

もうすぐ運動会、目指せヒーロー!かけっこで速く走るための4つのコツ

pp_torakkuhashiru_TP_V1

夏休みも終わり、秋の運動会シーズンがやってきますね。運動会と言えばかけっこ、徒競走です。子どもだけではなく、大人も出場する人が多いのではないでしょうか。走るのが遅いから嫌だなと思っている人や、遺伝だから子どもが遅くても仕方がないと思っている人もいるかも知れませんね。実はかけっこは練習すれば速くなります。速く走るための正しいフォームを身につけましょう。

続きを読む

広告