小学生

双子を育てて幸せを感じた、苦労した10のエピソード

双子

双子の子育てというのは想像以上にハードなものなのかもしれません。気力体力、財力などなどは2倍以上で必要になっていきます。双子を育てる中で感じた幸せと苦労したことを、リアルに12歳の双子のシングルマザーである著者の私がご紹介していきます。一人の子供を育てたことがある経験と、双子を育てたことのある経験のどちらも両方ある方は育児の比較をすることができるのかもしれませんが、双子の育児が当たり前となっているママにとってみれば、双子だから・・ああだこうだということは、なかなか思わず感じないものでもあるのです。なぜならば、双子の子育てがいつの間にか普通のことになっているからなのです。

続きを読む

小学生から学習塾に行かせるべきなのか?親と子の7つの本音

学習塾

最近の子供達は忙しいです。小学生も高学年になるにつれて、学習塾に行きだしたり習い事を始めたりで放課後のスケジュールは学習で追われているようです。高学年になるほど宿題は多くなっていくのに、子供も大変なんです。最近では多くの子供達が通っている学習塾、学習塾に通いたいと決めたのは子供本人なのか、はたまた親の意思なのか?どちらなのでしょう。小学校のうちから学習塾へ行かせることが必要なのか、それとも学校の勉強が出来ていれば行かせる必要もないのか、どちらなのでしょう。

続きを読む

道徳の教材にも使いたい中島みゆきの名曲6選

YUKA_YUKAhon15194849_TP_V

道徳の教材に悩む教員は多いのではないでしょうか。また特に中学校教諭の教員免許の取得を目指している場合は、ある程度得意であろう教科に関する科目とは異なり苦手にしている方も多いことでしょう。道徳は授業参観の時にやることも多く保護者の目も考えなくてはなりません。それだけでなく、児童・生徒にとって何かを感じられるものでなくてはいけません。数多くの名曲を持つ中島みゆきの作品から、道徳に使える作品を厳選して紹介します。
続きを読む

かわいい子には旅をさせよ!ワリと簡単に行ける無人島15選

06-09-04 turuga-1-thumb-480x380-4763

東京大学に現役合格した子どもを育てた家庭の特徴として、小さなころから野外での活動を積極的に行っていたという共通点があります。屋外でのキャンプや海水浴など最適です。ただ誰もが行くベタな観光地に行っても意味がありません。せっかく、野外活動をするなら無人島がおすすめです。やはり、文明の恩恵に浸ってしまっている子どもたちには、水道も電気もガスも、携帯電話の電波も届かない場所という体験をさせてみるのも教育にはとてもよい材料になるでしょう。特に無人島キャンプは忘れられない思い出になること間違いなしです。

続きを読む

小論文の採点を人工知能やロボットで?採点者の経験ではAIとそんなに変わらないよ

4b494f57715647bdc33e3b8761cd4695_m

2020年からの大学入試改革では記述式試験で人工知能(AI)を活用することが注目されています。
中央教育審議会の答申により、進められている高大接続改革では、2014年12月、知識偏重教育から思考力重視への転換を目指し、大学入試と高校教育、大学教育の一体的な改革を目指しています。グローバル化や情報化、少子高齢化など社会の変化が激しい中で、主体的に考え、行動できる人材を育てるため、一貫した理念のもとで教育することが求められています。2020年からは大学入試センター試験の後継テストとして「大学入学希望者学力評価テスト」と、高校生の基礎学力を測る「高等学校基礎学力テスト」の2つの新テスト導入が予定されています。

続きを読む

幼い子ども連れのパパ・ママにおススメの芸術鑑賞スポット5選in東京

a0780_000410

幼い子供を連れて出かけるのは、とてもパワーが必要なことです。ましてや、それが大人のための外出となると大変気合いがいるのではないでしょうか。たまには家族と一緒に自分自身も満足できる休日を過ごしてみたいと思いませんか?例えば子連れでは敷居の高いイメージのある芸術鑑賞。そこで、ここでは関東圏でパパ・ママ・親子で楽しめる芸術鑑賞スポットをご紹介していきます。

続きを読む

国際バカロレア(IB)プログラムとは!?11の質問と答え

35622785_220x146

国際的な大学入学資格を得られる『国際バカロレア(IB)』プログラム。近年、大学入試で『国際バカロレア入試』が取り入れられたり都立、県立高校で『国際バカロレア認定校』が徐々に増えてきて日本でもグローバル教育は加速してきています。

その『国際バカロレア (IB)』の特徴をQ&Aにまとめてみました。

続きを読む

教育の政治的中立を確保するための5つの視点

OOK86_hitogominonakadesenkyokatudou_TP_V

学校教育は学習指導要領に基づいて、政治的中立な姿勢が求められます。公職選挙法の改正によりこの夏からは選挙権年齢が18歳に引き下げられます。大学生はもちろんのこと、一部の高校生にも選挙権が付与されることになります。SEALDsを代表に積極的に政治参加をする若者が注目される一方で、低い投票率などが問題になっています。教員も一国民でありますから「市民」として意見を持つのは自然なことです。しかし、教壇にの上では教育者として政治的に中立でなくてはいけません。特定の政党の主張や意見に偏らず、教育の政治的中立を確保しながら、生徒に政治について考えてもらうために持つべき視点を紹介します。
続きを読む

モリモリ食べる!野菜が好きになる極上ほうれん草レシピ10選

39542a5c402d58230f2461150bd135e2_s

子供が、なかなか野菜を食べてくれない!と、悩むママも多いのではないでしょうか。
緑黄色野菜の中でも特に栄養価の高いほうれん草は、成長期の子供に是非たくさん採ってほしい栄養がたっぷり含まれています。

鉄分を始め、βカロテン・ビタミンC・カリウムなど様々な栄萋素が豊富に含まれています。
また、短時間で火が通るので料理に使いやすいです。今回は、子供でもパクパク食べてくれる、ほうれん草を使ったおいしいレシピ「ほうれん草を使った栄養満点レシピ10選」をご紹介します!

続きを読む

生徒に慕われる本当にいい先生の6条件とは

150415332018_TP_V

教員を目指して教員免許を取得する人の多くは憧れの先生というのがいることでしょう。いい先生が一人もいなかったというのは少ないと思います。たくさん先生がいる中で本当にいい先生というのは限られています。生徒という立場であったときは気がつかなかったけど、実はいい先生だったという先生もいることでしょう。本当にいい先生になるための6つの条件を紹介します。

続きを読む

英語が小学校の必修科目に!考えられる4つの課題

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s

2008年にスタートした公立小学校の英語授業は、2011年には必修となりました(5、6年生)。
2020年度には小学校3年生から外国語活動を始めて、5年生からは英語を算数、国語と同じ位置づけにするそうです。そうなると、当然それ以後の中学受験には今までの算・国・理・社に英語が加わるという事は自明の理ですね。ではこの小学校の英語必修化とは何なのかをまとめてみました。

続きを読む

好きなことから子供の創造力を引き出す3つのステップ

sky013s_2

子供には様々な可能性があります。学者、料理人、美容師、看護士、スポーツ選手。しかしその可能性を「どうすれば目覚めさせることができるのか」は非常に難しいことだと思われてきました。ここではすべての能力開花の初めとなる創造力を引き出す方法を段階に分けて述べていきたいと想います。

子供が好きなことをしながら創造力を鍛えられていく方法を段階と具体例を挙げながら説明していきます。

続きを読む

英語教育で注目の!インターナショナルスクール10選!in 関東

NKJ52_shibahudekuturogubasu_TP_V

インターナショナルスクールで英語教育!5つのメリットとは?」ではインターナショナルスクールで、英語の早期教育を行なうメリットについて説明しました。

日本における最先端の英語教育はインターナショナルスクールで行われています。未修得の言語を身につける学習方法の一つとして、その言語を使う環境において他教科を学ぶイマージョン・プログラム、イマージョン教育が注目されています。また、インターナショナルスクールには国際バカロレア資格(International Baccalaureate『IB』)、IBOの認定を受けた学校も多く、大学などへの進学にもとても有利です。

続きを読む

免許を取ったら行きたい関東の人気ドライブスポット6選

gf01a201502190500

早く運転免許を取って家族や友達とドライブをしたいという人は多いでしょう。もしかしたら、恋人とドライブデートに憧れている人もいることでしょう。運転免許を取って、自動車の運転ができるようになるといろいろなところに行くことができます。活動の幅がとても大きく広がります。日本全国、ドライブスポットはたくさんありますが、今回は関東地方で人気のおすすめドライブスポットをまとめて紹介します。

続きを読む

家庭教師を活用するときに知っておきたい7つのこと、絶対してはいけない3つのこと

勉強中

成績アップ・志望校合格のために家庭教師を雇うことを考えている人は多いと思います。「集団指導だと自分のペースに合わせてくれない・・・」「ついていけるか不安・・・」という人も家庭教師なら一人一人に合った指導をしてくれます。ただし、家庭教師はうまく活用しないと成果を出すことができません。そこで今回は家庭教師を活用するときに知っておきたい7つのこと、絶対にしてはいけない3つのことを紹介します。

続きを読む

入学祝いならこれ!男女別もらってうれしいプレゼント10選

YUKI86_gakkoudash15120132_TP_V

もうすぐ入学シーズンですね。

この春、入学を控えている子供のお父さんやお母さんを始め、まわりに、入学祝いをあげるお子様はいませんか?

中・高生となると、実際図書カードや現金などを贈れば、まず間違いはないです。

しかし、小学校の入学祝いを贈るとなると、女の子と男の子では趣味も違ってきますし、一体何を贈れば喜んでもらえるんだろうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、小学校の入学祝いに、貰って嬉しい贈り物10選を女の子と男の子別でご紹介したいと思います。

続きを読む

大学で教職課程を履修する3つのメリット・3つのデメリット

pta

多くの大学に「教職課程」が用意されていると思います。教職課程を履修し必要な単位を取得し各都道府県の教育委員会に申請することで教員免許状(以後、教員免許)が交付されます。教員免許には「専修免許(大学院卒業)」「一種免許(大学卒業)」「二種免許(短大卒業)」の3種類があります。3つの免許に仕事の内容の差はありませんがお給料には少し差があります。もうすぐ大学の履修登録の時期でもあります。大学・短大で教員免許を取得するために教職課程を履修するメリットとデメリットを紹介します。

続きを読む

広告